FC2ブログ

婚外恋愛W不倫|40代50代

MIZUHODSC_0075_TP_V.jpg

婚外恋愛W不倫については、何度もこのブログで取り上げてます。

それほど、管理人には婚外恋愛W不倫をしていた時期が多数あったという事になるのですけど、今は離婚して一人。

大分客観的に見られるようになってきたかな?。

この記事は、現在婚外恋愛W不倫をされてる方達にとって、後々後悔しないよう、参考にしていただければとの想いで作成されてます。

男性向きの記事かと思いきや、女性にも読んでいただきたい記事でもあります。



1.婚外恋愛を何故したくなるか

婚外恋愛を何故したくなるのか。

特に40代50代ともなると、承認欲求の一環である場合も多いです。

結婚生活も大分落ち着き、子供の手も掛からなくなったタイミングでの婚外恋愛やW不倫である場合も多いですからね。

自分の存在意義を見失ってしまうタイミングというのがあるんです。

管理人自身の事を省みてみると、20代30代の頃に婚外恋愛やW不倫をしていた頃は、今になってみると、単に浮気性(笑)。

あれを、婚外恋愛やW不倫と呼びたくはないです。

ただ、男性としてこのまま終わるのか?といった、強迫観念じみたものはあったと思います。

結婚は、お互いこの人と決めて一生寄り添っていくもの。

これは当然の事なんですけど、内実は、そう簡単な問題ではなく、様々な問題が出てきます。

夫婦で協力しあって、困難に立ち向かっていく。

これは正しいですし、その通りだと思います。

でも、夫婦間の関係が男と女という関係では無くなって行くのも致し方ない事。

恋人から同士じみた関係に変化していきますから。

これはこれで、自然な流れ。

その解決策。もしくは逃げ場としての婚外恋愛W不倫だとも言えます。

男としての勢いが無くなって行くんですよ。

女性としての自信も無くなって行く。

男性だったら、仕事は出来て当たり前。だれも褒めてくれませんし、配偶者も、褒めてくれません。

女性だったら、家事しても家族は褒めてくれないですし。

男として、自分はどうなのか?

女として、自分はどうなのか?

少しずつ自信を無くしていって、自信の代わりに、惰性というものが頭をもたげてきます。

身だしなみも、仕事をしてるから、最低限の身だしなみは必要ですし、皆さんそうしてるでしょうけど、内からにじみ出てくるような男としての、あるいは、女としての魅力は無くなって行きます。

これらは、婚外恋愛のほうへ男女共に向かっていく原因の一つとなるでしょう。

婚外恋愛やW不倫や不倫に向かわない為にはどうすれば良いか?

これらの事を諦めれば良いのです。

男としての自信や魅力。

女としての自信や魅力。

そういった事は忘れて、ひたすら家庭を維持していく事に専念すればよろしい。

それが正しい人の道。

でも、ここで矛盾が出てきますね?

男として、女として、諦めるのが正しい?

人間としては、人生を悔いなく輝き続けて全うするのが正しいのではないのか?

その通りです。

だから、結婚というものは、かなり矛盾を抱えている事になりますよね(笑)。

婚外恋愛W不倫をするのは、あくまでも自己責任で。

法律的には、間違った事なのです。



2.婚外恋愛して何が変わったか




変わった事は、自分に自信を持てるようになったという事です。

毎日も楽しくなる。

相手が自分を肯定してくれる。

相手が自分を必要としてくれる。

相手が自分と想いを共感してくれる。

良い事ずくめです。

あくまでも、バレない上でという前提条件付きですけどね。

それに、婚外恋愛W不倫してるという罪悪感を、心の中のどの部分にしまうかという問題もあります。

婚外恋愛W不倫をする事によって、家庭が円滑に回るなら良いと思いますけど、本来のパートナーをないがしろにするようだと、話は違ってきます。

家庭崩壊にも繋がりますし、離婚になって慰謝料請求にもなりますから、つねにそれらの事を頭の片隅に置きつつ、お付き合いする器量。

器の大きさは必要になってきます。

3.W不倫はやはり悪い事に変わりはない




日本の法律の範囲内では、現在、不倫は許されてません。

常に、リスクは考えておく必要がありますよ。

それと、有頂天にならないように。

特に、40代50代という事でこの記事は書き始めてますから。

女性も男性も、自分を認めてくれる、肯定してくれる相手に飢えている場合があるので、巡り合った場合は、有頂天になってしまう可能性があるんですよ。

これは気を付けないと。

心の中でソッと有頂天になっておきましょう。

それほど、40代50代というのは、新鮮な刺激に飢えていたり、自己肯定感も失いかけていたり
する事が多いんです。

想像してみてください。

仕事を終えて、姿勢も前かがみになりがち。

休みの日があっても、何一つ嬉しく感じない。

もしこれで、恋愛の相手が出来たとしたら。。。。

毎日の輝きが違ってくるというものです。

景色、風景までもが違って見える(本当に)。

それまで、酒に逃げるしかなかったのが、何か趣味を見つけたり、男性の場合は進んで家事をする等、見る見るウチに変化が出てくる事が多いです。

それほどに、恋愛パワーというのは強力。

このブログは、恋愛至上主義という題名ですけど、恋愛は偉大です。

面倒くさい面もありますけどね(笑)。

毎日が輝いてくるという感覚。輝くだけではなく、昔の感覚が戻ったような気持ち。

この感覚を若い方が想像する事は、かなり難しいのではないでしょうか。


4.婚外恋愛が普通の恋愛に変わった

TAKEBEIMGL3821_TP_V.jpg


管理人個人の事を書くとすれば、今は婚外恋愛やW不倫という言葉とは無縁の環境におります。

何故なら、離婚しているので。

ただ、離婚したからといって、自由に恋愛出来るから万歳という訳にはいかないのですよ。

歳の問題。

これがありますからね。

それでもメゲずに開拓を続け、現在二人程に目星付けてますけど、普通に恋愛です。

それら二人とも20歳以上は歳が離れてます。

管理人の歳はナイショですけど(笑)、仮に管理人が50歳だとしたら相手は30歳という事になりますね。

ただ、一つ変化が。

過去にしてきた恋愛経験を土台にしてる訳なんですけど、離婚して自由になったからと言って、昔程は、燃えないんですよね。

これは、歳のせいなのかどうか。

それとも。

婚外恋愛W不倫をやりすぎてて、少しの刺激では物足りなくなっているのか。

守っていくべき家庭というものが無くなったから、一気に肩の力が抜けてしまったのか。

どれが正解なのか分かりません。

これから書いていくであろう記事でも、報告じみた事はしていくつもりです。

5.まとめ

こうして記事を書いている最中にも、相手の女性からLINEで連絡が入ってきます。

婚外恋愛やW不倫をしていた頃と違って、後ろめたさがゼロなのは気分爽快ではあります。

でも、お互いに結婚は望んでない(と、思われる)ので、気楽すぎる。

歳の差がありすぎるので、わたしから結婚を望んだ場合には、余程経済的にラクをさせてあげる等の特典でもない限り無理でしょうね。

歳の差を埋めるのはそれしかありません。

管理人は食っていくのに困る状態ではないですけど、裕福とまでは言えないので、微妙なところです。

婚外恋愛やW不倫は、しないならばしないほうが良い。

でも、かつての輝きを取り戻すため、かつての自信を取り戻すために、婚外恋愛やW不倫に走ってしまうのは仕方ない事だと思います。

ただ、責任からは逃れられない。

結婚は法律で縛られてます。

どのような理由があっても、その縛りからは逃れられないという事は頭に入れておく必要があるでしょう。




こちらの記事もどうぞ


めろん
Posted byめろん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

■アクセス解析タグ